携帯情報サイトモバッPi

ドコモ、2009年夏モデルのJavaScript機能を有効化

 NTTドコモは10月23日、2009年夏モデル以降の機種でJavaScript機能が無効化されていたが、ソフトウェア更新により有効化すると発表した。

 バグがあったためJavaScript機能は無効化されていたが、10月27日以降順次再有効化のアップデートが行われる。対象機種はSTYLEシリーズの「F-08A」「N-08A」「P-08A」「SH-05A」「SH-08A」、PRIMEシリーズの「F-09A」「N-06A」「N-07A」「P-07A」「SH-06A」、SMARTシリーズの「N-09A」「P-09A」、PROシリーズの「SH-07A」、「SH-06A NERV」の合計14機種。

 このうち「SH-05A」「SH-06A」「SH06A NERV」は10月27日より提供されるソフトウェア更新によりJavaScript機能が使えるようになる。その他機種に関しても11月中にソフトウェア更新によりJavaScript機能が使えるようになる予定。

 ドコモでは2009年夏モデルからiモードブラウザを拡張したが、拡張されたJavaScript関連に不具合がありJavaScriptを無効化する措置がとられていた。今回不具合の修正が行われたことでソフトウェアアップデートにより、JavaScript関連が有効化されることになった。

Posted tatta : 2009-10-23 22:42 | コメント()

プリモバイル

イーモバイル OnlineStore

携帯URL

携帯向けURL

このサイトについて | お問い合わせ | 利用規約 | サイトトップページ
Copyright© 2005-2013 モバッPi, tatsuya All rights reserved.