携帯情報サイトモバッPi

ソフトバンク、フェムトセルの無料提供開始と詳細を発表

 ソフトバンクモバイルは4月22日、自宅・店舗向け小型基地局(フェムトセル)「ホームアンテナFT」と店舗・企業向けWi-Fiルータ「ソフトバンクWi-Fiスポット(回線付)」の無料提供に関する詳細情報を発表した。

 「ホームアンテナFT」は自宅や店舗を対象とした小型基地局で、限られたエリアで3Gが利用できるようになるもの。自宅や店舗で電波が入りにくいと言った場合に、快適に利用できるようになる。

 自宅向け「ホームアンテナFT」の加入条件はソフトバンクの3G端末を利用しており、自宅(携帯電話の契約住所または請求書送付先住所)に設置することとなっている。また電話番号につき1台、または1住所につき1台設置できる。店舗向けは上記のような条件や台数制限はないが、設置する店舗などが小規模なものであることとしている。

 接続できるブロードバンド回線はYahoo!BBやNTT東西の光回線など。ブロードバンド回線がない環境ではホームアンテナFTのみ利用できる専用のADSLが無料で提供される。

 「ホームアンテナFT」の小型基地局は無料でレンタルできるが、破損、紛失などで返却できない場合は違約金として2万6,000円がかかる。また専用のADSL回線の機器も無料で提供されるが、こちらも返却できない場合は違約金として1万6,000円がかかる。

 フェムトセルを申し込むとソフトバンク側で免許の申請が行われ、フェムトセル機器が送付される。機器の送付までおおよそ2ヶ月ほどかかる。また設置や不必要になった場合の撤去はユーザ自身で行う必要があり、ソフトバンクに工事を依頼する場合は別途設定費が必要になる。

 フェムトセルには最大4台まで同時通話接続が可能。ただしダブルナンバー、ホワイト法人24+、ソフトバンクモバイルオフィス、プリペイドサービス、ハンドオーバー機能、VPN接続は利用できないほか、留守番電話、待ちうた、緊急地震速報などの一部機能が利用制限される。

 「ソフトバンクWi-Fiスポット(回線付)」はWi-Fiルータと専用ADSL回線をセットで店舗や企業向けに無料提供するもの。設置されたアクセスポイントはiPhoneやソフトバンクのWi-Fi対応端末、FONユーザが利用できる。またすでにブロードバンド回線環境がある店舗向けにはWi-Fiルータのみの無償提供も用意される。

 機器は無償レンタルされるが、紛失や破損で返却できない場合はWi-Fiルータは10,000円、専用ADSL回線の機器は16,000円の違約金が発生する。

 いずれも5月10日より申込受付を開始する。

Posted tatta : 2010-04-22 23:59 | コメント()

プリモバイル

イーモバイル OnlineStore

携帯URL

携帯向けURL

このサイトについて | お問い合わせ | 利用規約 | サイトトップページ
Copyright© 2005-2013 モバッPi, tatsuya All rights reserved.