携帯情報サイトモバッPi

Android搭載タブレット型端末「GALAXY Tab」発表

 NTTドコモは10月5日、Android 2.2を搭載したサムスン電子製タブレット型端末「GALAXY Tab」(SC-01C)」を11月下旬に発売すると発表した。

 「GALAXY Tab」は世界で販売されているタブレット端末で、今回日本向けの端末が発表された。

 ディスプレイはマルチタッチ対応のタッチパネルで、7インチの600×1024(WSVGA)解像度のTFT液晶を搭載。大画面でのキーボードタイピングや使い方に合わせて多数の情報を画面に表示することができる。

 本体は約12.1mmの薄さと約382gの重さとなっており、片手での利用もできるようになっている。また4000mAhの大容量バッテリーにより駆動時間を大幅に増やしている。

 通信面ではIEEE802.11a/b/g/nの無線LANと転送速度が最大24MbpsとなるBluetooth 3.0、W-CDMA(2100/1900/800MHz)はHSDPA(下り最大7.2Mbps)とHSUPA(上り最大5.7Mbps)、GSM(850/900/1800/1900MHz)に対応する。外部端子はmicroUSBを採用、外部メモリスロットはmicroSDHC(最大32GB)に対応した。またGPSなどにも対応。

 このほかオフィスドキュメントの編集や閲覧ができる「ThinkFree Office」や「いつもNAVI」、電子書籍リーダーも搭載した。

Posted tatta : 2010-10-05 19:24 | コメント()

プリモバイル

イーモバイル OnlineStore

携帯URL

携帯向けURL

このサイトについて | お問い合わせ | 利用規約 | サイトトップページ
Copyright© 2005-2013 モバッPi, tatsuya All rights reserved.