携帯情報サイトモバッPi

au、海外パケット定額サービスを発表

 KDDIは10月12日、海外でのパケット定額をau携帯電話で利用できる「海外ダブル定額」とレンタルデータ通信端末で利用できる「グローバルデータ通信カード レンタルサービス」の2つの海外パケット定額サービスを発表した。

 10月13日より開始される「グローバルデータ通信カード レンタルサービス」は海外パケット定額を利用できる対応するデータ端末とパケット定額をセットにしたもの。端末は2種類用意され、USBタイプが980円/日、Wi-Fiタイプが1,280円/日となっている。auを契約していないユーザはプラス300円で利用できる。また別途手数料として525円がかかる。

 端末の紛失や破損の際の補償サービスも用意され、弁済代金の100%補償する「補償制度フルプラン」は367.5円/日、弁済代金の80%補償する「補償制度ライトプラン」の2タイプが用意される。

 レンタルした機器は申し込んだ渡航先のみ利用できる。2カ国以上利用する場合は渡航先毎に契約が必要。貸し出される端末はUSBタイプが「Huawei Internet Stick」(韓国の場合「C-motech CBU-450D T login Modem」)、Wi-Fiタイプが「Novatel Wireless MiFi2372」(韓国の場合「WIBLO egg」)となっている。サービス開始時の対応地域は23の国と地域となっている。


 2011年3月開始予定の「海外ダブル定額」は海外でau携帯電話を利用した場合に定額で利用できるもの。料金は請求額で4万円相当までのパケット通信が最大1,980円/日で、4万円相当以降は最大2,980円/日となっている。日付は日本時間が基準となる。定額にはメールやインターネット、PC接続のデータ通信も対象となるが、Cメールは対象外。

 利用には「ダブル定額」「ダブル定額ライト」「ダブル定額スーパーライト」「プランE」「プランEシンプル」「パケット割WINミドル」「パケット割WINスーパー」のいずれかを契約している必要がある。

 サービス開始当初は3の国と地域に対応する。米国はVerizon Wireless、中国はChina Telecom、韓国はSK Telecomが定額対象の事業者になっている。

Posted tatta : 2010-10-12 20:09 | コメント()

プリモバイル

イーモバイル OnlineStore

携帯URL

携帯向けURL

このサイトについて | お問い合わせ | 利用規約 | サイトトップページ
Copyright© 2005-2013 モバッPi, tatsuya All rights reserved.