携帯情報サイトモバッPi

au、Javaで開発できる「EZアプリ (J)」を発表

 KDDIは10月27日、2011年春よりJavaアプリのプラットフォーム「EZアプリ (J)」を提供すると発表した。

 「EZアプリ (J)」は従来の「オープンアプリプレイヤー」をベースに3Dグラフィックの描写機能や、アプリケーションのデータをSDカードに書き込む機能などを追加したJavaアプリの実行環境となる。

 Java実行環境構成はJ2ME/CLDC1.1/MIDP2.0 + 拡張API、アプリから利用可能なメモリ(RAM)は16MB、アプリサイズは最大2MB、通信はHTTPとHTTPSをサポート、サウンド機能はMIDI + SMAF Phrase、3Dグラフィックス機能はMascotCapsule V3、OpenGL ES(独自拡張)、SDカードアクセスはJSR-75 FileConnection API経由となっている。

 サービス開始当初の対応機種はT006のみで、順次拡大する予定。また従来のBREW版EZアプリは「EZアプリ (B)」という名称に変更される。なお同社は、開発者向けにアプリケション作成ガイドを「EZfactory」で公開する。

Posted tatta : 2010-10-27 19:32 | コメント()

プリモバイル

イーモバイル OnlineStore

携帯URL

携帯向けURL

このサイトについて | お問い合わせ | 利用規約 | サイトトップページ
Copyright© 2005-2013 モバッPi, tatsuya All rights reserved.