携帯情報サイトモバッPi

3D液晶や16.1Mカメラなど搭載した「SH-10C」

 NTTドコモは5月16日、3D表示対応の液晶など搭載したシャープ製「SH-10C」を発表した。5〜6月発売予定。

 ディスプレイは裸眼で3Dを楽しめる3.4インチのFWVGA液晶を搭載。サイドバイサイド形式の3Dの動画を再生できるほか、2Dの静止画や一部2Dの動画を3Dへ変換して表示することも可能。また待受画面やメニューなども3D表示することができる。

 カメラは1610万画素のCCDカメラを搭載。画像処理エンジン「ProPix」を搭載し、フルHD動画の撮影が可能なほか、0.7秒の高速起動や撮影間隔は0.6秒の「高速撮影モード」にも対応。

 また本体を動かしながら撮影することで3D写真を撮影できる「3D写真撮影」にも対応。パノラマの撮影にも対応している。

 端末にはケータイの傾きによって50色35パターンのイルミネーションを変える機能を搭載。本体は防水と防塵に対応している。

 このほかIEEE802.11 b/g/nの無線LAN(アクセスポイントモード対応)やDLNA、HDMI端子など搭載している。

▽関連記事

▽機種リンク(詳細スペック)

Posted tatta : 2011-05-16 22:27 | コメント()

プリモバイル

イーモバイル OnlineStore

携帯URL

携帯向けURL

このサイトについて | お問い合わせ | 利用規約 | サイトトップページ
Copyright© 2005-2013 モバッPi, tatsuya All rights reserved.