携帯情報サイトモバッPi

SMSのキャリア間相互接続を7月13日より開始

 NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの5社は6月1日、3G携帯電話においてSMSの相互接続を7月13日より開始すると発表した。

 SMSは短い文章を送信できるもので、ドコモ、ソフトバンク、イーモバイルは全角70文字程度、auは「Cメール」として全角50文字程度の文章を同一キャリア内でやりとりできた。7月13日以降は他キャリアへもSMSの送信が可能になる。

 SMSは各キャリアとも基本的に送信料はパケット定額サービスの対象外となるが、無料通信分の対象となる。受信は無料となっている。

 相互接続の開始に伴い、NTTドコモはSMSの料金を改定し、これまでの送信通知なしで1通5.25円、送信通知ありで1通7.35円を一律1通3.15円に値下げする。

 auのCメールでやりとりできるのは従来全角50文字程度だったが、2011年夏モデル以降の機種ではソフトウェア更新により1通あたり全角70文字まで対応する。その他の機種は対応しない。またぷりペイドサービスでは他社宛SMSの送信は非対応となるほか迷惑Cメール対策として送信できる数を1日200通まで、または1ヶ月6,000通までに制限する。なお送信料金は1通3.15円。

 ソフトバンクの送信料金は1通3.15円。なおホワイトプランに加入し、相手がソフトバンク・ディズニーモバイルだった場合は従来通り送受信無料となる。なおプリモバイルでは他社宛SMSの送信に非対応となるほか、一部事業者には絵文字の送信ができない。

 イーモバイルの送信料金は1通2.1円。ケータイ定額プランなどに加入している場合は、イーモバイル同士は無料となる。また迷惑SMS対策として、7月8日より1日に送信できる数をこれまでの300通から200通に制限する。

Posted tatta : 2011-06-01 18:48 | コメント()

プリモバイル

イーモバイル OnlineStore

携帯URL

携帯向けURL

このサイトについて | お問い合わせ | 利用規約 | サイトトップページ
Copyright© 2005-2013 モバッPi, tatsuya All rights reserved.