携帯情報サイトモバッPi

関西で発生したソフトバンクの通信障害の原因は内部犯行

 ソフトバンクモバイルは7月8日、5月25日に発生した関西地域での通信障害について、同社の業務委託先の元社員が回線設定データを故意に改ざんし通信障害を発生させた容疑でたいほされたと発表した。

 同社によると逮捕された被疑者は業務委託先の元社員で、関西のネットワークセンターで基地局とネットワークセンターを結ぶ伝送装置データの設定業務に従事していたという。元社員は回線設定データを改ざんする不正プログラムを3月8日から9日にかけて設定したとされる。プログラムは5月25日に作動するように設定されていた。なお元社員は体調不良を理由に3月15日付で退職している。

 通信障害後に、障害の原因がソフトウェアにあるとしていた。外部からの不正アクセスの痕跡もなく、人為的事故の可能性があるとして大阪府警に相談、6月6日には被害届を提出していた。捜査協力の観点から公表を控えてきたとしているが、7月8日に元社員が逮捕されたため今回の発表となった。

 ソフトバンクモバイルはセンターの入り口で監視員が一人ひとり本人確認を実施しているほか、制御用端末の設置されているオペレーションルームはセキュリティカードを所持している社員のみが入室できるようになっていたという。

 再発防止策として、オペレーションルームなどの重要な通信設備が設置してあるスペースには入室者と操作者を確認できるよう、監視カメラの設置台数を現在の252台から1170台まで増設する。また操作履歴の収拾について、これまでの監視用端末に加えてセンター内の保守運用端末の操作履歴についても加えるとしている。

Posted tatta : 2011-07-08 23:55 | コメント()

プリモバイル

イーモバイル OnlineStore

携帯URL

携帯向けURL

このサイトについて | お問い合わせ | 利用規約 | サイトトップページ
Copyright© 2005-2013 モバッPi, tatsuya All rights reserved.