携帯情報サイトモバッPi

ソフトバンク、LTEの実証実験の結果を公表

 ソフトバンクモバイルは7月13日、埼玉県熊谷市で実施していたLTEシステムの実証実験の結果を公表した。

 今回の実証実験は2011年3月から6月まで、800MHz帯と2.1GHz帯を利用したLTEシステムを使って、市街地・開放地における電波伝搬特性や無線伝送特性を比較・評価するもの。800MHz帯と2.1GHz帯を同一エリアで用いた場合、2.1GHz帯と比べて800MHz帯では受信レベルが9dB、下りの伝送速度は約1.5〜2倍に向上したとしている。

 また同社が開発している複数基地局協調制御方式(ECO-LTE)ではセル境界で約2〜3倍の下り伝送速度の向上を達成した。LTEの基地局装置に制御ソフトウェアを追加するだけで実現できるとしている。

 このほか第4世代の「IMT-Advanced」に向けて、隣接する基地局が協調して両方の基地局から同一信号を送信する「複数基地局間協調送信技術」の基礎実験も行われ、セル境界で約3〜5倍の下り伝送速度が向上するという。

 ソフトバンクモバイルでは今回の実証実験で取得したデータを活用して、商用サービスに向けた準備を進めていくとしている。

Posted tatta : 2011-07-13 23:59 | コメント()

プリモバイル

イーモバイル OnlineStore

携帯URL

携帯向けURL

このサイトについて | お問い合わせ | 利用規約 | サイトトップページ
Copyright© 2005-2013 モバッPi, tatsuya All rights reserved.