携帯情報サイトモバッPi

総務省、700/900MHz帯の参入希望調査結果を発表

 総務省は9月6日、携帯電話用周波数向けに確保される700/900MHz帯の参入希望調査の結果を発表した。携帯電話4社が提出している。

 700/900MHz帯は携帯電話向けに割り当てられる予定だが制度整備は決まっておらず、総務省が8月に700/900MHz帯の携帯電話向けに参入を希望する事業者に対して制度整備の検討として参入希望調査を行った。

 イー・アクセス、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの4社が回答を提出した。各社の割り当てを希望する周波数帯と帯域幅はイー・アクセスが900MHz帯の15MHz幅×2と700MHz帯の10MHz幅か15MHz幅×2を、NTTドコモとKDDIが900MHz帯か700MHz帯の15MHz幅×2を、ソフトバンクが900MHz帯の15MHz幅×2となっている。各社ともトラフィック増などを理由に割り当てを希望している。

 周波数の割り当てに当たって留意すべき事項としソフトバンクモバイルが800MHz帯の未割り当て社を優先するとしているほか、イー・アクセスは周波数のイコールフッティングなど求めている。またドコモとソフトバンクモバイルは周波数の逼迫度合いに関して優先を求めているほか、イー・アクセスとKDDIは700/900MHz帯で一方の帯域の認定者は他方を受けられないようにすべきとしている。

Posted tatta : 2011-09-06 18:32 | コメント()

プリモバイル

イーモバイル OnlineStore

携帯URL

携帯向けURL

このサイトについて | お問い合わせ | 利用規約 | サイトトップページ
Copyright© 2005-2013 モバッPi, tatsuya All rights reserved.